Pocket

台風一過台風一過(たいふういっか)」という言葉、私が正しい漢字と意味を知ったのはいつ頃だったでしょう。

まだ幼い子供の頃には、「台風一家」だと思っていました。

その当時には、台風一過という言葉を、文字で見た記憶はないですし、「いっか」という音の言葉を「一家」しか知らなかったからだと思います。

ただ子供ながら、なぜ「一家」なのか疑問ではありました。

スポンサードリンク


毎年上陸・接近する台風の中に、祖父母、父親、母親、子供といった区別があるのかと思ったりしましたが、そのようなことを1度も聞いたこともなく、理由はわからずじまいでした。

その後、いつだったか忘れましたが、「台風一家」ではなく「台風一過」であることを知り、これまでの疑問の答えなど、元からなかったことがわかりました。

それから、台風の後の会話の中で、「台風一家」と勘違いしていたのは、自分だけではなかったことが判明。

結構、勘違いしている人は多かったと記憶しています。

今年の2月、キーマンズネットという無料会員制サイトで、子供の頃「台風一過」を「台風一家」と勘違いしていたことがあるか、というアンケートを会員対象に行なったそうです。

その結果、勘違いしていたことがある人が42%、ない人が52%だったそうです。

4割ほどの人が勘違いしているほど、よくある勘違いだということなのでしょう。

私と同じ勘違いをしている方が、4割もいらっしゃるということで、意味もなく安心してしまいました。

ところで、本来「台風一過」というのは、台風が過ぎ去ったあと、高気圧の覆われ、清々しい晴天になることです。

これが転じて、騒動が収まり、静かな日常を取り戻した時にも使われたりします。

台風といえば、今年は10月下旬まで、台風が発生して日本へ接近し、大きな被害の出たところもありました。

「備えあれば憂いなし」ということわざがありますが、日頃からの備えを怠らず、少しでも被害を小さくしたいものです。

自然災害は、いつやってくるのかわかりませんから。

スポンサードリンク