Pocket

厄年年が明けると、「厄年」の方は「厄祓い」をしましょうなんて宣伝を見聞きしますが、厄年ってなんなんでしょう?

よくわからないけど、なんか悪いことが起こりそうだから、祓っておこうという方も多いのではないでしょうか。

どうせ厄祓いをするのなら、厄年についてよくわからないままなのは、もったいない気がします。

そこで、厄年について少し調べてみました。

」というのは、病気、事故、ケガなどの人にとって悪いことです。

厄年というのは、その厄災に遭いやすいので、気をつけるべき年のことです。

スポンサードリンク


起源は安倍晴明で有名な陰陽道とされ、平安時代から信じられていて、厄祓いは公家や武士の間で行われていたそうです。

一般庶民に広まったのは、江戸時代以降です。

それでは、厄年というのは何歳なのでしょう。

よく言われているのは、

男性は、25、42、61歳

女性は、19、33、37歳です。

この場合の年令は、数え年です。

数え年とは、生まれた時に1歳で、本来は旧暦の1月1日が来ると年を取ります。

ですが神社や寺の厄年を案内では、「立春に年をとる」とか「新暦の1月1日に年をとる」としているところが多いです。

男性の42歳と女性の33歳大厄(たいやく)」で一番気をつけるべき厄年といわれています。

そして、その前後の年を「前厄(まえやく)」、「後厄(あとやく)」といい、大厄と同様に気をつけるべき年とされています。

また、厄祓いをする時期としては、厄年に当たる年の正月から節分までがよいとされているそうです。

では、なぜその年が厄年なのか

それは、男性の場合は「役年」ということで、神社やお寺の役に就くなど責任が重くなり、精神的・肉体的にも疲労が多くなるからだそうです。

女性の場合は、出産や子育てなどで苦労が多く、体調を崩しやすいからだそうです。

ところで、調べてみると厄祓いを行う神社や寺によって、厄年の年齢に違いがあるようです。

61歳は、女性も厄年とするところ。

男性は25、42歳、女性は19、33歳というところ。

男性の25歳、女性の19歳の場合にも、前厄と後厄のあるところ。

などなど、色々なパターンがありました。

厄祓いをしてもらおうと思っている神社やお寺では、何歳が厄年なのか事前に調べておく必要がありそうです。

あと、男女共通の厄年というものもあるそうです。

数字だけ挙げてみると、

1、3、5、7

10、13

24、28

46、49

52、55

60、64

70、73、77

82、85、88

91、96、97、99

などです。

こうしてみると、年祝いである還暦(61歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、米寿(88歳)、白寿(99歳)が厄年ということになります。

長寿のお祝いなのに厄年というのは変な気がしますが、もともと厄年でお祝いすることでめでたくするという意味があるそうです。

さて、調べてみた結果、私なりにわかったことは、人は人生の中でしょっちゅう厄年を迎えているということです。

こんなに厄年があるのなら、あまり深刻に考えずに、いつもの年よりちょっと注意して生活しようと思うぐらいでいいんじゃないかなあと思います。

スポンサードリンク