Pocket

化石燃料とは化石燃料とは、生命が誕生したと言われる約35億年前から、

地中に堆積したプランクトンや動植物などの生物の死骸が、

何億年もかけて地中の圧力や熱などによって変成されてできた、

燃料として用いられる有機物のことです。

 

化石燃料で現在よく使われているものには、石油、石炭、天然ガスといったものがあります。

今後、使えることを期待されているものには、メタンハイドレート、シェールガス、シェールオイル、サンドオイルなどがあります。

これら化石燃料から得られるエネルギーは、世界で消費されているエネルギーの約85%にもなるそうです。

こういった状況は、化石燃料の扱いやすさからきているところもあります。

スポンサードリンク


ただ、ここまでたくさん使われている化石燃料にも、問題点があります。

その1つが、環境問題です。

化石燃料をエネルギー源として使う場合、化石燃料を燃やします。

その際、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、粒子状物質(PM)などを排出します。

二酸化炭素は、地球温暖化の原因と言われていますし、窒素酸化物や硫黄酸化物、粒子状物質は、大気汚染や酸性雨の原因となっています。

 

あと、化石燃料は有限であるということです。

資源エネルギー庁の「日本のエネルギー2006」によると、石油はおよそ40.5年、天然ガスはおよそ66.7年、石炭はおよそ164年でなくなる予測されています。

 

とここで思ったのは、昔のオイルショックの時も、石油は30年だか40年だかでなくなると言われていたような気がします。

なのに、今でも同じような年数でなくなると言われているんですね。

どうしてそうなるのか調べてみたところ、これらの数値は、現在の採掘技術や採掘コストでの話なのだそうです。

これは、採掘技術が向上すれば、採掘できる量は増え、

消費の方でも省エネ技術が向上して、今後エネルギー消費量が格段に減れば、

石油はもっともつようになりますし、

逆に、人口の増加などによって、採掘できる量の増加より、

エネルギー消費量がどんどん増えれば、もっと早く石油がなくなるということみたいです。

なので、実際に化石燃料がいつなくなるのかを、表しているわけではないようです。

 

とはいえ、化石燃料が有限であることには変わりはないので、代わりになるエネルギーを実用化する必要はあると思います。

スポンサードリンク