Pocket

冷夏とは?その原因と影響今年は、エルニーニョ現象が発生する可能性が高いので、冷夏(れいか)になるのではと言われています。

冷夏とは、平年と比べて6~8月の平均気温の「低い」夏のことです。

気象庁では、「低い(少ない)」、「平年並」、「高い(多い)」という3階級表現を使っています。

3階級表現では、過去30年の観測値を並べて、値の小さい方から10番目までを「低い(少ない)」、11番目から20番目までを「平年並」、21番目から30番目までを「高い(多い)」としています。

そして、実際に観測された値が、この3階級のどこに当てはまるかで、「低い(少ない)」、「平年並」、「高い(多い)」と表現します。

つまり、冷夏というのは、過去30年の6~8月の平均気温と比べて、低い方の3分の1に当たる夏ということになります。

スポンサードリンク


では、なぜ冷夏になるのでしょうか?

その原因には、どのようなことがあるのでしょう。

今年もそうですが、よく言われるのがエルニーニョ現象の発生です。

エルニーニョ現象については、こちら(エルニーニョ現象とラニーニャ現象)に書いていますので、詳しい説明はここでは省きます。

エルニーニョ現象が発生すると、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが、平年より弱まるので、梅雨前線が長く日本列島に停滞したり、オホーツク海高気圧が日本付近にとどまりやすくなります。

ですから、エルニーニョ現象が発生すると、冷夏になる可能性は高いと言われています。

ただ、エルニーニョ現象が発生したからといって、必ずしも冷夏になるとは限らないようです。

あと、原因として火山の噴火があります。

火山が噴火すると、大量のエアロゾルが放出されます。

エアロゾルとは、空気中の微小な液体や固体の粒子です。

噴火で放出されたこれらの粒子によってできた雲が、太陽光を反射してしまうことで冷夏になります。(日傘効果(ひがさこうか)といいます。)

例としては、1993年の冷夏は、フィリピンのピナツボ山の1991年の噴火が原因とされています。

 

さて、冷夏は私達の生活にどのような影響をあたえるのでしょう。

まず、農作物の不足があげられます。

冷夏では、平年に比べ日照時間が短く、気温が低い時が多いので、米や野菜の生育が悪くなります。

そのため、米不足や野菜などの価格の高騰をまねきます。

1993年には、「1993年米騒動」と言われるほどの米不足がありましたし、2003年にも米や野菜が不足しました。

農作物以外の影響には、夏物が売れなくなるというものがあります。

夏物衣料、エアコン、ビールやジュースなどの飲料といった、通常だと夏によく売れるものがあまり売れなくなります。

そのため、冷夏は経済的にはマイナス要因のように言われています。

ただ、暑い時には行きたくないテーマパークやゴルフ場など、食べたくない熱々のラーメンなどの食品の消費は好調となるようです。

 

冷夏になると過ごしやすくていいなと個人的には思いますが、悪影響もあるということですから、やはり夏は普通に暑いほうがよいのかなとも思います。(猛暑続きは遠慮したいですが)

スポンサードリンク