Pocket

健康食品に使われているサイリウムとはサイリウム」って、ご存知ですか?

便秘の解消、お腹の調子を整える、ダイエットなどといった効果のある健康食品やトクホ(特定保健用食品)に使われています。

では、サイリウムとは一体何なのか、よくわからないので調べてみました。

 

サイリウムとは、食物繊維のことで、オオバコ科の植物の種皮外皮を精製したものです。

サイリウムには、種類があり「ブラックサイリウム」と「ブロンドサイリウム」の2種類があります。

ブラックサイリウムの元は、学名を「プランタゴ・サイリウム(Plantago psyllium)」、和名を「エダウチオオバコ(枝打ち大葉子)」と言います。

原産地は、ヨーロッパから西アジアで、種子が黒褐色なのでブラックサイリウムと呼ばれています。

 

ブロンドサイリウムの元は、学名は「プランタゴ・オバタ」で、「インドオオバコ」と呼ばれています。

原産地は、インド、イラン、パキスタンなどで、種子が淡黄灰褐色なのでブロンドサイリウムと呼ばれます。

イサゴール」とも呼ばれますが、これはペルシャ語で馬の耳を意味します。

インドオオバコの種子の形が、馬の耳に似ているのでこう呼ばれているそうです。

 

これらサイリウムは、欧米では緩下剤、インドでは民間の便秘薬として使用されています。

それ以外にも健康食品で謳われている効果があるのは、サイリウムの食物繊維の特徴が関係しています。

普通、食品に含まれる食物繊維は、水溶性か不溶性のどちらか一方です。

ですが、サイリウムの場合は水溶性と不溶性の両方が混在しています。

ですので、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の効果が期待できます。

 

ここで、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維について、簡単に説明します。

水溶性食物繊維は、水分を吸うと溶けてゲル状になります。

昆布などの海藻、里芋、こんにゃくの成分であるグルコマンナンなどに含まれています。

腸内でゲル状になった水溶性食物繊維は、余分な糖分やコレステロールなどを包み込み、吸収を阻害、抑制して排出します。

 

不溶性食物繊維は、水分を吸っても溶けずに膨らみます。

ごぼう、穀類、野菜などに含まれます。

膨らんだ状態で腸内に入ることで、腸の蠕動運動を活発にし、便秘を改善します。

また、水に溶けずに腸内に長くとどまりますから、小腸に食べたものが届くのを遅らせることができ、食後の血糖値の急激な上昇をやわらげるとも言われています。

 

サイリウムの場合、この両方の効果を期待できます。

また、サイリウムは多くの水分と一緒に摂ることで、胃の中で約30倍に膨らみます。

それで、満腹感が出るので、ダイエットにも効果があると言われています。

そして、水溶性、不溶性、どちらの食物繊維も、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を改善します。

 

このように、コレステロール値を下げる、血糖値の上がり方を緩やかにする、便秘の解消、腸内環境の改善と、いいコトずくめみたいなサイリウムですが、使用に際しては注意が必要です。

摂取量の上限があり、1日20gまでとなっています。

摂り過ぎると、下痢や胃痛などの症状が出ることがあります。

 

まれにアレルギー反応が出ることがあります。

高度に精製されたサイリウムであれば良いみたいですが、そうでないものではアナフィラキシーショックを起こしたという事例が報告されています。
(厚生労働省 サイリウム種皮、サイリウムシードガム等サイリウムを含む食品又は添加物によるアレルギーの報告について

 

それと、薬によってはサイリウムに吸収を阻害されて、効きにくくなるものもあるようですので、病気で薬を服用している方は、病院等でご相談ください。

 

植物由来だから体に悪い影響は全然ない、とは言いきれないということでしょう。

サイリウムを使った健康食品を使用される際は、説明書をよくお読みください。

スポンサードリンク