Pocket

仏滅の由来、意味あなたは、仏滅を信じていますか?

それとも迷信だと思いますか?

というような質問が成り立つほど、世の中に仏滅というのは浸透しています。

それでは、仏滅の由来や意味をご存じですか?

仏滅というのは、六曜六輝とも言う)の1つです。

六曜というのは、「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」の6つで、暦注の一つです。
(暦注とは、暦に記載される日時の吉凶などのこと。)

スポンサードリンク


六曜は、詳しいことはわかっていないようですけれど、中国が起源とされていて、六壬時課という時刻占いに出てきます。

その六曜が、日本に伝わったのは、鎌倉時代末期から室町時代です。

それから日本式になっていき、各曜の名称も順番も時間とともに変わり、現在の形になったとのことです。

仏滅は、はじめは「空亡」「虚亡」と言われていましたが、これらを全て虚しいという意味にとって「物滅」と呼ぶようになりました。

それが近年になって「物」の字を「仏」に変えて「仏も滅するような大凶日」となったそうです。

ということは、仏教とはなんの関係もないように思えますが、ただの偶然とはいえ、釈迦の入滅した日といわれる旧暦の2月15日は、必ず仏滅になったことから信じられるようになったのかもしれません。

まあ仏教では、占いなどを否定しているそうなので、本当に関係ないのでしょうけど。

この六曜、江戸の末期にも流行ったとのことですが、今のように広まったのは第二次世界大戦後だそうです。

このように広まった仏滅ですが、全く何もしてはいけないということでもないそうです。

たしかに、仏滅の日に病気になると長引くと言われていますし、結婚などの祝事、法事、開店などはうまくいかなくなると言われていますが、葬式は良いそうです。

別に「物滅」ということから、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」と考えられ、物事を始めるには大安より良いという解釈もあるそうです。

とはいえ、世の中には、こういったことを信じない人も当たり前にいるので、結婚式場には「仏滅割引」をしているところがあるそうです。

私なども、仏滅の謂れに仏教が関係していないのがわかったので、迷信の類として信じる気にもならないのですが、何かの時には親など周りの信じている人が気にすれば、それに合わせることになるんでしょうね。

ある程度は周りに気を使わないといけないでしょうから。

スポンサードリンク