Pocket

五月晴れ五月晴れ(さつきばれ)というと、5月の気持ちのよい清々しい晴れの日のことを思い浮かべます。

気温は高すぎず、湿度も低いので、過ごしやすい天気で、私は好きです。

ところが、このような天気は、本来の五月晴れとは違うということを、最近知りました。

スポンサードリンク


本来の五月晴れは、「梅雨の晴れ間」「五月雨の晴れ間」のことだそうです。

五月雨(さみだれ)は、梅雨の別名です。

そして、五月晴れの「さつき」は、田植えをする月であることを表しています。

また、旧暦の5月の別名の「さつき」でもあります。

旧暦の5月というと、新暦の6月ぐらいに当たります。

ちなみに、今年(2014年、平成26年)の旧暦の5月は、新暦では5月29日~6月26日までです。

 

もともと「5月の清々しい晴れの日」というのは、五月晴れ(ごがつばれ)と言っていました。

ですが、五月を「さつき」と旧暦の別名で呼ぶようになったので、「ごがつばれ」を「さつきばれ」と誤用するようになったようです。

 

とはいえ、辞書にも五月晴れの意味は「5月の清々しい晴れの日」と載っていたりしますし、天気予報でもそのような意味で使っています。

誤用であっても、時代が変わればそれが正しくなったりしますから、将来的には五月晴れの意味も変わっているかもしれませんね。

スポンサードリンク