Pocket

二十四節気昨日の記事で、立春は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の一つだと書きました。

二十四節気とはなんなのか?

いつものごとく少し調べてみました。

二十四節気とは、1年を24等分して、それぞれの期間に季節の名称をつけたもので、二十四気(にじゅうしき)とも言います。

24等分ということで、まず1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれの季節を6つに分けて、24節としています。

スポンサードリンク


1年を24等分する方法には、約15日ずつ分ける「平気法(へいきほう)」(「恒気法(こうきほう」とも言います)と太陽の黄道上の視位置を15度ずつに分ける「定気法(ていきほう)」があります。

日本では、寛政歴までは平気法、天保暦からは定気法が採用されました。

新暦になってからの旧暦は、天保暦を元にしているので、現在の二十四節気は定気法によるものです。

二十四節気は、戦国時代の頃の中国で考案されました。

その頃の中国の暦は太陰暦で、太陽の動きとは全く関係ありません。

そのため、季節とのズレが生じ、農耕など(例えば田植えをいつするかとか)には使いにくい暦でした。

こういった暦と季節のズレを調整するために、二十四節気は考えられました。

1年を12の中気と12の節気に分け、節気と中気を交互に配し、それぞれの期間に季節の名称をつけ、季節がわかるようにしています。

この二十四節気と太陰暦のズレが1ヶ月ほどになると、閏月を入れてズレを調整します。

二十四節気の季節の名称は中国でつけられたものなので、日本の季節と合わないものもあります

それを補うために、日本には雑節があります。

雑節には、

社日(しゃにち)

春分、秋分に一番近い戊(つちのえ)の日

節分(せつぶん)

立春の前日

彼岸(ひがん)

春分と秋分で、それぞれ前後3日を含む7日間のこと

土用(どよう)

立春、立夏、立秋、立冬の前18日間

八十八夜(はちじゅうはちや)

立春から数えて88日目

入梅(にゅうばい)

芒種の後の壬(みずのえ)の日

半夏生(はんげしょう)

夏至より10日後

二百十日(にひゃくとおか)

立春から数えて210日目

二百二十日(にひゃくはつか)

立春から数えて220日目

があります。

最後に、二十四節気の24節の名称と対応する月名、太陽黄経を書いておきます。

以下は24節の名称、月、太陽黄経の順です。

立春(りっしゅん)、正月節、315度

雨水(うすい)、正月中、330度

啓蟄(けいちつ)、二月節、345度

春分(しゅんぶん)、二月中、0度

清明(せいめい)、三月節、15度

穀雨(こくう)、三月中、30度

立夏(りっか)、四月節、45度

小満(しょうまん)、四月中、60度

芒種(ぼうしゅ)、五月節、75度

夏至(げし)、五月中、90度

小暑(しょうしょ)、六月節、105度

大暑(たいしょ)、六月中、120度

立秋(りっしゅう)、七月節、135度

処暑(しょしょ)、七月中、150度

白露(はくろ)、八月節、165度

秋分(しゅうぶん)、八月中、180度

寒露(かんろ)、九月節、195度

霜降(そうこう)、九月中、210度

立冬(りっとう)、十月節、225度

小雪(しょうせつ)、十月中、240度

大雪(たいせつ)、十一月節、255度

冬至(とうじ)、十一月中、270度

小寒(しょうかん)、十二月節、285度

大寒(だいかん)、十二月中、300度

スポンサードリンク