Pocket

七草がゆ今日、1月7日といえば、七草がゆを食べる日ですね。

その年の無病息災を願って、毎年1月7日に七草がゆは食べられていますが、その由来ってご存知ですか?

なぜ1月7日に七草がゆを食べるのか?

七草がゆという風習は、中国から伝来したものだそうです。

 

1月7日というのは、五節句の一つである「人日の節句」に当たります。

人日の節句とは、古来中国では、元日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日として占をたて、その日はその動物を殺さず、7日には犯罪者に刑罰を行わないとしたことに由来します。

その7日には、七種菜羮(ななしゅさいのかん)といって、7種類の菜を汁物にして食べ、無病息災を願ったそうです。

この風習が日本に伝わり、平安時代には宮中行事として、七草がゆが食べられるようになりました。

 

世間一般に定着したのは江戸時代で、五節句(人日 1月7日、上巳 3月3日、端午 5月5日、七夕 7月7日、重陽 9月9日)を江戸幕府の公式行事としたため広まったと言われています。

ところで、人日の節句である1月7日ですが、本来は旧暦の話なので、今年(2014年、平成26年)は2月6日になります。

とはいえ、お正月自体が新暦で行われていますので、節句も新暦で行われていて、七草がゆも新暦の1月7日に食べられています。

まあ七草がゆには、無病息災を願うだけでなく、お正月に疲れた胃を休めるという意味もありますから、お正月に合わせた日程で良いのではないでしょうか。

さて、これだけ七草がゆの由来について書いたあとでなんですが、七草について書いてみたいと思います。

七草がゆに入れる七草というのは、春の七草と言われます。(秋にも秋の七草と呼ばれるものがあるためでしょう。)

順番に上げると、

芹(セリ)

ビタミンB、カルシウム、鉄分が豊富。増血作用やがある。食欲増進、神経痛、痛風、リウマチに良い。

薺(ナズナ)

ぺんぺん草のこと

解熱、利尿作用がある。動脈硬化に良い。

御形(ゴギョウ、オギョウ)

咳や痰に効く。

繁縷(ハコベラ)

タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルその他の栄養が豊富。腹痛に効く。利尿作用がある。

仏の座(ホトケノザ)

今は小鬼田平子(コオニタビラコ)と呼ばれている。現在仏の座と呼ばれているシソ科のものは別物で、食用ではない。

食物繊維が豊富。体質改善全般に良い。胃の疲労回復、解熱効果がある。

菘(スズナ)

蕪(カブ)のこと。

カルシウムやビタミンCなどが豊富。

清白(スズシロ)

大根のこと。

ジアスターゼが豊富で、消化を助ける。

と、以上ですが、こうしてみると疲れた胃や冬の寒さに負けないようにするのに良い食べ物なのだと、改めて思いました。

七草がゆを食べて、今年も元気に頑張りましょう。

スポンサードリンク