Pocket

七夕とは七夕(たなばた)といえば、願い事を書いた短冊を笹に飾ったり、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)の七夕伝説が思い浮かびます。

ところで、なぜ七夕には願い事をしたり、伝説があったりするのでしょう。

それに、五節句では七夕を「しちせき」と読むのに、行事では「たなばた」と読むのか。

気になったので調べてみました。

七夕とは、日本では古くは禊(みそぎ)の行事であり、もともとお盆の一部であったものと、中国の乞巧奠(きっこうでん、きこうでん、きっこうてん)が混ざったもののようです。

まず、日本では「七夕」を、昔は「棚機」とか「棚幡」と書いていました。

棚機(たなばた)とは、昔の禊の行事のことです。

棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる選ばれた乙女が、着物を棚機と呼ばれる織り機で織って棚に供えて、神様を迎え秋の豊作を祈りました。

そして、人の穢れ(けがれ)を祓う(はらう)というものでした。

仏教が伝来すると、この行事はお盆の前の7月7日の夜に行われるようになり、七夕を「たなばた」と読むようになったという説があります。

他に読み方の由来としては、こんな説もあります。

織姫と彦星が、蚕織と耕作をそれぞれ司るとされていて、それにちなんだ種物(たなつもの)、機物(はたつもの)という語が由来するという節です。

この説の元は、江戸時代の「煙霞綺談」という文献です。

棚幡(たなばた)という字は、お盆に向けて精霊棚と幡(読みは「ばん」、「はた」。法要などの時、寺院の境内や道内に立てる飾り布のこと)を安置するということからきています。

スポンサードリンク


次に、中国の乞巧奠です。

乞巧奠は、7月7日の夜に、織女(読みは「しょくじょ」。織姫のこと)に機織り(はたおり)や裁縫(さいほう)の上達をお願いする祭りです。

これは、「荊楚歳時記(けいそさいじき)」という、6世紀に書かれた荊楚(現在の湖北・湖南)地方の行事・風俗を記録したものに載っています。

この荊楚歳時記には、織女と牽牛(読みは「けんぎゅう」。彦星のこと)が、7月7日の夜に会うと記され、織女・牽牛伝説(七夕伝説)と乞巧奠が関連付けられました。

また、荊楚歳時記には、現在の七夕伝説の原型となるものが紹介されています。

それは、

「天帝の子の織女は、天衣を織るのに忙しく、化粧をする暇もありませんでした。

天帝は、織女が独身なのを憐れんで、河西の牽牛郎と結婚することを許しました。

織女は、結婚すると機織りをやめてしまい、天帝は怒りました。

織女に河東に戻るよう命令し、牽牛郎とは1年に1度会うことを許しました。」

というものです。

現在の伝説とそっくりですね。

まあ、現在の伝説の元なので、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが。

こういったいろいろなものが、混ざり合って今の七夕とになったということですか。

 

あと、七夕に飾る笹や短冊についてです。

笹は、先祖の霊の依代として使われます。

お盆にこの世に帰ってくるご先祖様の、お宿ということでしょうか。

短冊は、江戸時代から使われるようになりました。

それ以前は、七夕は宮中行事で、平安時代から梶の葉が使われていました。

梶は古くから神聖な木とされていて、梶の葉に和歌を書いてお願いをしました。

その後、江戸時代に七夕は五節句の1つと定められ、庶民へ広まり、五色の短冊に願いを書くようになりました。

この短冊の五色は、中国の五行が元になっています。

五行は、自然界は5つの要素、木、火、土、金、水からなるという思想です。

この5つの要素に対応する5色、青(または緑)、赤、黄、白、黒(または紫)の短冊が使われています。

 

最後に、星の話です。

牽牛星は、わし座の1等星「アルタイル」、織女星は、こと座の1等星「ベガ」のことです。

彦星はアルタイルの、織姫はベガのそれぞれの和名です。

夜空では、もう1つはくちょう座の「デネブ」の3つの星で、夏の大三角になります。

新暦に7月7日は、梅雨なので見えないことも多いかもしれませんが、仙台七夕まつりの行われる、月遅れの8月7日頃だとよく見えるそうです。

見てみたい方は、8月上旬の晴れた夜に、東の空を見上げてみてください。

スポンサードリンク