Pocket

ヤマツツジの花言葉ヤマツツジ(山躑躅)とは、日本原産のツツジ科ツツジ属の半落葉低木です。

「半落葉」?「半」って何?

と思って、調べていくと、その理由がわかりました。

 

ヤマツツジの葉には、春葉夏葉の2種類があります。

春葉は、春に出て秋に落葉します。

夏葉は、夏から秋に出て一部越冬します。

このようにヤマツツジは、春葉は秋に落葉しますが、夏葉が出て越冬することで、落葉するけれども1年中葉はついています。

なので、半落葉もしくは半常緑と分類されるのだそうです。

 

そんな植物もあるんですね。

初めて知りました。

 

ヤマツツジは、北海道南部、本州、四国、九州と、広く分布しています。

高さは1~3mで、花期は4~6月です。

花の色は主に朱色ですが、赤みの強いものや紅紫色や白色のものもあります。

 

さて、ヤマツツジの花言葉です。

燃える思い

努力

あいまい

訓練

どっちつかず

スポンサードリンク