Pocket

マススーツ(MASS SUIT)を使ってみた私は事務職なので、基本的にはデスクワークをしているのですが、

仕事の関係で時々、力仕事をすることがあります。

そのたびにヘロヘロになっていたので、少し鍛えなおそうと思い立ちました。

腕立てや腹筋などは、続かないことが経験上わかっているので、

面白そうな器具を使ったほうが、長続きするだろうと思い、

何かないかと探してみました。

すると、「なんだこれ~」な面白い器具を見つけました。

それが、マススーツです。

その写真がこちら。

↓↓↓

これを見て、すぐに思い出したのが、大リーグボール養成ギプス。

バネとゴムの違いはありますが、イメージはそっくり。

漫画の世界の話だったものが、現実になったんですね。

日本に入ってきたのは2011年のようで、もう5年もたつのに全く知りませんでした。
これは欲しい!!

ぜひ手に入れたいと思い、通販サイトを探してみると・・・・

これが高い。

定価が5万円以上の代物で、安売りでも3万円を超えていました。

しばし悩みましたが、今月の給料は残業代が多めなので、

金銭的には大丈夫だろうということで、注文してしまいました。

本当に使えるものかどうかもわからないのに・・・・。
ウキウキしながら商品の到着を待っていると、ちょうど休みの日に配達されたので、

さっそく使ってみることに。
まず付属の装着図を見て、装着します。

装着図はこんな感じ。

↓↓↓

装着図1(クリックすると拡大します。)

足のバンドをクロスさせる場合(こちらが基本のよう)

masssuit1

装着図2(クリックすると拡大します。)

足のバンドをクロスさせない場合(自転車に乗る場合とか)

masssuit2

英語ですが、図を見ながら装着すればよいので、何とかなります。

ただ、ひざのストラップをどの位置につけるのか、今一つよくわからないので、

同梱されてきたパンフレットを見ると、わかりやすい絵を見つけました。

↓↓↓

(クリックすると拡大します。)

masssuit3

ひざのストラップは、ひざ小僧の下のつけることがわかりました。

他にも胴体、ひじ、ひざ、足首への装着に関する図が入っているので、

左右を間違えないよう、「R」(右)と「L」(左)の表示を確認して、

すべてを装着し、バンドをつなぎます。
用意ができたので、立ってみると、きつい・・・・・。

ただ、立っただけなのに。

次に腕を上にあげてみると、まっすぐに上げることができず、

グリコのマークぐらいまでしか上がりません。

どんだけ衰えてんだか。

それでも、何回か腕をまっすぐ上げようと挑戦しましたが、

きつくなって断念。続けていれば、できるようになるだろうと、次の動作へ。
次は歩いてみました。

歩くだけでも、結構な負荷がかかります。

家の中を少し歩いただけですが、結構効きます。

トレーニング(ただ腕を上げたり歩いたりしただけ)していると、

だんだんストラップの圧迫で、肩が痛くなってきたので、今日のところは終了。
トレーニング(といえるのか?)時間は、10分弱ぐらいでしょうか。

(着けたり外したりした時間を加えると、30分以上たっていましたが)

汗が流れてきますし、いろんなところが疲れています。
マススーツ。本当に効くので、買って損はなかったと思っていますが、

これは、私のように筋力が衰えた人より、それなりに鍛えている人が、

さらに鍛えるときに使うものではないかとも思います。

とはいえ、買ってしまったので、時間を見つけては使ってみたいと思います。

筋肉がつくことを期待して。

スポンサードリンク