Pocket

ハロウィンとは?なぜカボチャを飾り、仮装するの?ハロウィン(英語では「Halloween」)って、ご存知ですか?

なんか仮装して、カボチャを飾っているということは知っていますが、大体何のイベントなんでしょう。

気になったので調べてみました。

ハロウィンとは、毎年10月31日にアメリカなどで行われる民間行事です。

カトリック教会の祝日に、すべての聖人と殉教者を祝う日として、「諸聖人の日」(古くは「万聖節」と呼ばれていました。)という日があります。

この「諸聖人の日」は11月1日で、英語で「All Hallows」と表記されたりします。

ハロウィンという名前は、この「All Hallows」の「eve(前夜)」、「Hallows eve」が訛って「Halloween」と呼ばれるようになったと云われています。

スポンサードリンク


ハロウィンでは、子供が魔女やお化けに仮装して、近所の家を回り、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないとイタズラするぞ)」といってお菓子をもらいます。

また、カボチャの中身をくりぬいて、目や口になる穴を開けて顔を作り、中にろうそくを立てて玄関の前に飾ります。

カボチャの顔を、怖い顔や滑稽な顔にすることで、悪霊を追い払うという意味があるそうです。

 

このカボチャは、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれます。

「ジャック・オー・ランタン」とは、アイルランドやスコットランドに伝わる鬼火のような妖怪です。(「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」の派生形とする説もあるようです。)

「ジャック・オー・ランタン」の元となる、アイルランドの古い伝承があります。

この伝承は、調べてみるといくつかあったのですが、だいたい似た話なので適当に混ぜて要約してみます。

 

普段の行いの悪いジャックという男がいて、ある日悪魔がジャックの魂を取りに来ました。

ジャックは、その悪魔を罠に掛け、魂を取らないという約束を悪魔にさせました。

その後、寿命のきたジャックは、悪いことをしてきたので天国には入れてもらえず、悪魔が魂を取れないので地獄にもいけなくなりました。

こうしてジャックは、天国と地獄(もしくはこの世とあの世)の間を彷徨う(さまよう)ことになりました。

悪魔はジャックを哀れみ、地獄の炎を分け与え、ジャックはその炎をカブ(蕪)を繰り抜いた中に入れ、明かりとして使いました。

ジャックは、今でもこの明かりを持って天国と地獄(もしくはこの世とあの世)の間を行き来しているとのことです。

 

この伝承のように、もともと「ジャック・オー・ランタン」はカブだったのですが、アメリカではカブよりもカボチャのほうがよく採れたので、カボチャに変わっていったと云われています。

 

ハロウィンそのものは、古代ケルト人の収穫祭が起源だとされています。

ケルト人の1年の始まりは、ドルイド信仰による11月1日の「サウィン祭」という収穫祭でした。

ただ日没が新しい始まりを意味するとされていたので、サウィン祭は実際には10月31日の夜から始められていました。

この時期は、この世と霊界の間の門が開くとされていて、死者の霊が家族を訪ねてくると同時に、悪霊も出てくると信じられていました。

そのため、各家庭ではサウィン祭で司祭が焚いたかがり火の燃えさしで、新たに竈(かまど)の火をつけ、悪霊が家に入ってこないようにしました。

そして、仮面を被ることで、悪霊に仲間だと思わせ身を守ったとのことです。

 

ちなみに、現在のハロウィンは、宗教的意味合いはなくなり、仮装も良識的で不快感を与えなければ、魔女やお化けだけでなく、何に仮装しても良いそうです。

好きなものに仮装して、ハロウィンを楽しむのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク