Pocket

ハクモクレンハクモクレン(白木蓮)」とは、モクレン科モクレン属の落葉高木です。

樹高は10~15m程度になり、モクレン属の中では大型の方になります。

中国原産で、日本には江戸時代に入ってきて、庭木として広まりました。

 

最初は、蘭(ラン)の花に似ているということで、「白木蘭」とよばれていました。

今では、蘭の花というより蓮(ハス)の花に似ているということで、ハクモクレンと呼ばれるようになりました。

白蓮(ハクレン)」とも呼ばれます。

スポンサードリンク


ハクモクレンのことを「モクレン(木蓮)」と呼ぶ人もありますが、ただモクレンといえば本来「シモクレン(紫木蓮)」のことを指します。

モクレンはシモクレンと言う名のとおり、花は紫色で樹高は3~5mの落葉低木です。

 

モクレンとハクモクレンの雑種で、「サラサモクレン(更紗木蓮)」というのもあります。

雑種なだけあって、花は基本的に白と紫の中間のピンクです。

白だったり、紫だったりするものも中にはありますが。

 

ハクモクレンの芽は、柔らかい毛で覆われています。

それが、春一番が吹くころになると、たくさんの白いタマゴ形の花を咲かせます。

この花は、日が当たると開いて、暗くなると閉じます。

また、花びらは太陽の光を受けることで南側が膨らむので、花は方位磁石のように北を向いています。

そのため、「磁石の木」「コンパス・フラワー」「コンパス・プランツ」などとも呼ばれています。

 

ハクモクレンの花と似ているものに、コブシ(辛夷)の花があります。

素人目にはよく似ていて、あまり違いがわからないのですが、明確な違いがあるようです。

まず、ハクモクレンは花が咲くときに葉はありませんが、コブシの花が咲く時には葉はあります。

他に、花びらの幅や厚みは、ハクモクレンのほうがコブシと比べ、幅は広く厚いです。

花の大きさは、ハクモクレンが8~10cmほどで、コブシは4~5cmほどなので、ハクモクレンのほうが大きめです。

花の咲き方では、ハクモクレンは上向きに閉じたように咲き、全開しません。

コブシは、横向きに開いたように咲き、全開します。

あと、花びらの枚数はどちらも6枚なんですけど、ハクモクレンはがく(萼)が花と同じく白くて見分けがつかないので、花びらが9枚あるように見えます。

こうして調べてみると、結構違いがありますね。

今まで、いかに漠然と見ていたのかということですか。

 

最後に、ハクモクレンの花言葉です。

自然への愛

恩恵

持続性

尊敬

自然な愛情

高潔な心

慈悲

崇高

スポンサードリンク