Pocket

ソテーとムニエルの違いフランス料理のメニューにソテーとムニエルというのがあります。

その2つの違いは、なんなんでしょう。

これより、ソテーとムニエルについて、それぞれ簡単に説明してみたいと思います。

【ソテー】

英語で「saute」、フランス語で「sautéing」という綴りになります。

調理法の一つで、厚手の鍋やフライパンに少量の油を引いて、強火で炒め焼く方法です。

短時間に調理するために、材料を小さく薄く切ります。

ソテーとは「跳ぶ」という意味で、炒めている時に油が跳ね上がったり、材料が飛び跳ねる様子を表しているそうです。

スポンサードリンク


【ムニエル】

英語で「meuniere」、フランス語で「meunière」という綴りになります。

魚の調理法の一つで、水気を切った魚の切り身に塩、コショウをし、小麦粉などの粉をまぶして、バターで焼く方法です。

ムニエルという言葉は、フランス語で粉屋あるいは製粉業者を表すムニエ(meunier)の女性形です。

「○○・ア・ラ・ムニエール」の意味は、「○○」という魚の「粉屋(あるいは製粉業者)の娘(あるいは女将)風」だそうです。

昔、粉屋(あるいは製粉業者)の娘(あるいは女将)が魚を粉の中に落とし、粉まみれの魚をそのままバターで焼いたら美味しかったということから、名付けられたとのことです。

スポンサードリンク