Pocket

クエン酸とは疲労回復やダイエット、はたまた痛風に効果があると言われているクエン酸。

このクエン酸とは、どんなものなのでしょうか。

クエン酸とは、有機酸であるアルファヒドロキシ酸(AHA)の中の一つです。

レモンなどの柑橘系の果物や梅干しの、あの酸っぱい味の元となっている成分です。

酢の酸っぱい味の成分である酢酸と違い、クエン酸は揮発性ではないのでツンときません。

また、体内でエネルギーを作り出す、代謝経路の1つであるクエン酸回路の構成成分でもあります。

クエン酸回路は、体内に取り込まれた糖質を、エネルギーに変える代謝の経路の一部になります。

 

まず、体内で糖質を分解してできたグルコース(ブドウ糖)は、細胞内の酵素によりピルビン酸(焦性ブドウ糖)に分解されます。

できたピルビン酸(焦性ブドウ糖)は、ミトコンドリア内に送られ、酵素によりアセチルCoAとなります。

アセチルCoAは、クエン酸回路で各種酵素による反応で、

クエン酸→cis-アコニット酸→D-イソクエン酸→α-ケトグルタル酸→スクシニルCoA→コハク酸→フマル酸→L-リンゴ酸→オキサロ酢酸→クエン酸

と、循環する形で変化します。

 

このサイクルの反応により、二酸化炭素やNADHなどの還元型の補酵素が作られます。

ここで作られた補酵素は、次の代謝系である電子伝達系に渡され、エネルギーの元であるATPが作られます。

このような形で、エネルギー代謝にクエン酸は使われています。

 

クエン酸回路は、運動不足やストレスによる血管収縮などにより、細胞に十分な酸素が送られなくなると、働きが弱くなります。

こうなると、ピルビン酸から乳酸が産出され、細胞内に溜まります。

そうすると、体内が酸性になってくるので、疲労がたまってきて、アセチルCoAが脂肪を合成して体内に蓄積させます。

ですが、クエン酸回路が正常に働き出すと、乳酸は酵素により、またアセチルCoAになるので、疲労は回復していきます。

スポンサードリンク