Pocket

オープンソースとはオープンソースとは、ソースコードを公開して、その複製、修正、再配布などを

ライセンスによって許可することです。

そのオープンソースの考えで公開されたソフトを、

オープンソースソフトウェア(Open Source Software(OSS))といいます。

 

ソースコードというのは、プログラムをプログラミング言語で記述したものです。

ライセンスは、使用許諾のことです。

使用許諾というと、内容などいろいろ違いはありますが、

市販ソフトのインストール時に同意を求められるアレです。

 

オープンソースじゃない市販のソフトなどは、複製、修正、再配布を禁止しています。

それは、ソフトを販売することで利益を得ているので、複製や再配布を認めてしまったら、

ソフトが売れなくなってしまうからです。

スポンサードリンク


オープンソースが、複製、修正、再配布などを自由にしていいとなっているのは、

ソフトの販売で利益を上げることが目的ではなく、できるだけ多くの人に使ってもらって、

自由に改良や拡張をしてもらうことを目的としています。

そうすれば、ソフトの機能・性能が上がるだろうという期待があるからです。

 

そのために、オープンソースでは、ライセンス料の課金は許されていません。

ですから、たいていのオープンソースは無償です。

 

無償というと、フリーウェアというものもあります。

同じように無償でも、フリーウェアとオープンソースは違うものです。

フリーウェアは、ソースコードを公開しなくてもよく、プログラムの修正はできませんし、

再配布には作者の許可がいります。

 

ただ、単に複製、修正、再配布を許可すれば、オープンソースかというと、

そうではありません。

オープンソースには定義があり、OSI(Open Source Initiative)の発表した

OSD(The Open Source Definition)がそれです。

その定義は、次のようなものです。

1.再配布の自由

2.プログラムにはソースコードを含んでいなければいけない

3.派生ソフトウェアの作成を禁止してはいけない

4.原作者のソースコードの完全性を保つ、修正したものとオリジナルを区別できるようにする

5.個人やグループに対する差別の禁止

6.使用する分野に対する差別の禁止

7.ライセンスは、再配布された者にも適用されなければならず、再配布時にライセンスを追加することは許されない

8.特定の製品でのみ有効なライセンスの禁止

9.一緒に配布される他のソフトウェアを制限するライセンスの禁止

10.ライセンスに、特定の技術やインターフェースを前提とする規定があってはならない

 

ライセンスが、この定義に準拠していれば、OSI認定マークが付与されます。

 

オープンソースに、動作保証はありません

また、制作者の著作権は放棄されるわけではありません

使用や改変に際しては、こういった点にも注意してください。

スポンサードリンク