Pocket

オノマトペとは何?先日、英会話のメールマガジンで、オノマトペという言葉が出てきました。

聞いたことのない言葉なので、辞書で調べてみると、オノマトペ(onomatopee)とはフランス語で、意味は「擬声語」のこととなっていました。

「擬声語」と言われてもよくわからないので、それも調べてみると「擬音語」と「擬態語」の総称だそうです。

擬音語というと、物の音や動物などの声を文字で表したもので、擬態語は、様子、動き、感情などの音のないものを、文字で表したものです。

例としては、犬の鳴き声の「ワンワン」、雨に濡れて「ビショビショ」になった、「イライラ」する、などのカタカナで書いた部分です。

スポンサードリンク


オノマトペは、いろんな国の言語に存在しますが、特に日本語には多いそうです。

その原因の一つは、日本語では同音異義語をしゃべると、表現が曖昧になるからだそうです。

それは、日本語は動詞や形容詞が少なく、動詞は動作の基本的な意味しか表さないからです。

例えば、「みる」としゃべっても、それだけでは一つの意味しか伝えられません。

ところが、「ジッとみる」、「パッとみる」、「ボーッとみる」というように、オノマトペを使うことで、細かなニュアンスを伝えることができるようになります。

これが英語だと、同じ「みる」という意味の単語でも、「see」「look」「watch」など複数あり、これらを使い分けることで表現の幅を広げることができるので、日本語よりオノマトペが少なくすむということです。

他の原因としては、日本語には音節が少ないということもあるそうです。

その音節の少なさを補完するために、「イライラ」などの漢字ではない二音節反復型のオノマトペを、日本人は作ってきたそうです。

このような理由により、日本語に増えてきたオノマトペですが、スポーツの指導に、その効果が生かされているそうです。

表現しにくい体の動かし方も、オノマトペを使うと微妙なイメージを表現できるようになり、選手に伝わりやすくなるからです。(例えば、腰を落として「グッ」と押すといった表現です。)

また、選手がミスした時に、怒鳴らないでオノマトペを使って注意したほうが、効果が高いということもあるそうです。

怒鳴って注意している時は、「どうしてそんなことをする。こうしないとダメじゃないか。」といったニュアンスの言葉になりがちです。

そのように言われた選手にすると、「言われなくてもわかっている」という気持ちになり、ネガティブな感情が強くなります

そこでオノマトペを使うと、シンプルかつソフトに伝えることができるので、選手がポジティブに注意を受け取ることができるようになるそうです。

こういった効果もあるオノマトペですが、すべてのオノマトペは誰にでも伝わるのでしょうか?

先日、新聞で見た文化庁の調査では、世代によっては使わないオノマトペや聞いたことのない人が多いオノマトペがあるという結果が出ています。

「キンキンに冷えたビール」は、20~40代では半数以上が使ったことがあると回答されましたが、60代では1割ほどでした。

パソコンの動作を表す「サクサク」は、6割近くの人が聞いたことがないと回答されたそうです。

表現の幅を広げ、意思を伝達しやすくするオノマトペですが、相手によっては伝わらないこともあるということですね。

オノマトペを使う際には、その辺りを注意する必要があるようです。

スポンサードリンク