Pocket

エンジンオイルあなたは、自動車をお持ちですか?

自動車をお持ちなら、エンジンオイルの交換をされたことはありますか?

エンジンオイルを交換されたことがおありなら、どのような選択基準でエンジンオイルを選ばれましたか?

エンジンオイルを選ぶ基準と言われても、規格とかよくわからないから、値段で決めたという方も多いのではないでしょうか。

またエンジンオイルの交換を依頼したのがディーラーであれば、純正の指定品だったり、カー用品店やガソリンスタンド等であれば、店員さんのおすすめのオイルだったりするでしょう。

ただエンジンオイルは交換しないと、エンジンが壊れてしまうからというのは、よく言われていますので、エンジンオイルを全く交換しないという方は少ないのではないでしょうか。

それでは、交換しないとエンジンをダメにしてしまうエンジンオイルとははどういう役割をしていて、規格としてはどのようなものがあるのかを、これから書いていきたいと思います。

<エンジンオイルの役割>

エンジンオイルの主な役割は、次の5つです。

潤滑
エンジン内部で、金属同士が擦れ合っている部分を、なめらかに動くようにして、摩耗を減らし、焼き付きを防ぐ役割。

密封
ガソリンや軽油が爆発した時に発生する力を、シリンダとピストンの隙間から逃がさないよう、この隙間を密封する役割。

冷却
エンジンの熱を吸収し、冷やす役割。

清浄
燃料の燃えかすなどの汚れ(スラッジ)が溜まらないようにする役割。

防錆
エンジンの内部と外部との温度差による結露、燃料の燃焼によって発生する水分や酸から、腐食しないように守る役割。

その他の役割としては、

応力分散
一点に力が集中しないように、分散させる役割。

衝撃吸収
燃料の燃焼爆発による、ピストンなどの衝撃を抑える役割。

などもあります。

<エンジンオイルの規格>

品質

API規格
アメリカ石油協会の規格

ガソリンエンジンオイル
SA、SB、SC、SD、SE、SF、SG、SH、SJ、SL、SM、SNのグレードが有り、SNが最高品質。

ディーゼルエンジンオイル
CA、CB、CC、CD、CE、CF、CF-4と、日本ではここまでしか使われず、CF-4より新しい規格は、JASO規格へ移行。

この中では、CF-4が最高品質。

JASO規格
日本自動車技術会規格

ディーゼルエンジンオイル
DH-1、DH-2(大型トラック向け)、DL-1(小・中型トラック、自動車向け)などがあり、日本国内の排ガス規制等に対応したエンジン用の規格。

粘度

SAE規格

マルチグレード
10W-30と言った表示のもの。

Wというのは、Winter(冬)の略で、低温側の粘度を表します。

10Wより5Wのほうが、低温時に柔らかく、始動する際にエンジンは軽く回るので、始動させやすい。

30の方は高温側の粘度を表し、30より40のほうが高温時にもオイルの硬さが保たれる。

シングルグレード
マルチグレードの10Wという低温側の表示のなく、単にSAE 30と表示。

マルチグレードのエンジンオイルがなかった時代の旧車に使われます。

スポンサードリンク