Pocket

エルニーニョ現象とラニーニャ現象今年の夏には5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性がある、というニュースが流れていました。

エルニーニョ現象といえば、異常気象の原因というイメージはあるんですが、実際どんな現象なのでしょうか?

そういえば、ラニーニャ現象というのもあったと思うのですが・・・。

よ~く考えてみると、全く知らないので調べてみました。

スポンサードリンク


エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の中部から南米のペルー沿岸までの広い海域において、海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のことです。

逆に、海面水温が平年より低くなる現象を、ラニーニャ現象といいます。

エルニーニョとは、スペイン語で「男の子」、「神の子」=「イエス・キリスト」を意味します。

もともとエルニーニョは、南米ペルーとエクアドルの間のグアヤキル湾やその近海の太平洋東部で、毎年12月頃に発生する海水温の上昇現象のことです。

この現象がクリスマスの頃に発生するので、エルニーニョと呼ばれるようになりました。

そして、数年に1度大規模に発生するものについて、エルニーニョ現象と呼ぶようになりました。

ラニーニャは、同じくスペイン語で「女の子」を意味します。

ラニーニャ現象は、エルニーニョ現象と逆の現象なので、エルニーニョ(男の子)の反対ということでラニーニャ(女の子)と呼ばれるようになりました。

それでは、エルニーニョ現象やラニーニャ現象時の大気と海洋の変動を見ていきたいと思います。

平常時

太平洋の熱帯域では、貿易風という東風が常に吹いています。

この貿易風により、海面付近の暖かい海水は、太平洋西部に吹き寄せられています。

そのため、西部のインドネシア近海では、海面下数百メートルまでの表層に暖かい海水が溜まっています。

逆に東部の南米沖では、貿易風と地球の自転により、深いところから冷たい海水が海面近くに湧き上がる「湧昇流」が起こります。

このような状態で、太平洋西部では、大気中にたくさんの蒸気が供給されるので、積乱雲が盛んに発生します。

エルニーニョ現象

貿易風が平常時より弱まると、西部に吹き寄せられ溜まっていた暖かい海水が、東方へ広がり、東部では湧昇流が弱まります。

そのため、太平洋赤道域の中部から東部の海域では、平常時より海面水温が高くなります。

すると、積乱雲が盛んに発生する海域が、平常時より東へ移ります。

こういった状態だと、東太平洋赤道域の海水温は、1~2℃前後上昇します。

ラニーニャ現象

貿易風が平常時より強くなると、より西側に暖かい海水が吹き寄せられ厚く蓄積し、東部では湧昇流が強くなります。

そのため、中部から東部の海域では、平常時より海面水温は低くなります。

逆に、インドネシア近海の海上では、積乱雲がいっそう盛んに発生するようになります。

こうしてみると、貿易風の強弱がエルニーニョ現象やラニーニャ現象の発生に関係しているように思えます。

このように貿易風が強くなったり弱くなったりするのには、海面の気圧が関わっているそうです。

インドネシア付近の海面気圧と南太平洋東部の海面気圧は、一方が高ければ他方は低くとシーソーのように連動しています。

これを南方振動といい、貿易風の強弱に関わっています。

現在、この南方振動とエルニーニョ現象が、強く関係していることがわかってきたので、「エルニーニョ・南方振動(ENSO:エンソ)」という言葉もよく使われています。

とはいえ、現時点で根本的な原因は確定していません

地球温暖化との関係も、関連している可能性があるという程度です。

まあ、今後研究が進んで、原因は明らかになると思いますけど。

最後は、エルニーニョ現象やラニーニャ現象による影響についてです。

異常気象が起こるということは有名なのですが、日本では過去どんな異常気象が起こったのでしょうか。

日本では、エルニーニョ現象によって、梅雨明けの時期が遅れて冷夏になったり、西高東低の気圧配置が安定しないので暖冬になる傾向があります。

ラニーニャ現象の場合は、西日本を中心に寒冬の傾向があります。

ですが、違うパターンの時もあったので、エルニーニョ現象だと冷夏や暖冬、ラニーニャ現象だと寒冬に必ずなるというわけでもないようです。

スポンサードリンク