Pocket

エアコンの節電法猛暑日、熱帯夜、暑い日が続きます。

こんな時は、エアコンでもつけないと、体の調子がおかしくなりそうです。

でも節電を考えると、エアコンを使わずに扇風機とかで、我慢するしかないのかと思ったりもします。

そう思って扇風機だけ使ったりしますが、扇風機の風って、猛暑日みたいに暑い日だと、涼しくないんですよね。

こんな状況で、節電を優先して、エアコンを使わず熱中症になってしまっては、何のためにエアコンという文明の利器を買ったのかわからなくなります。

実際、節電を優先して、エアコンを使わず熱中症にかかり、病院に運ばれる方は多いそうです。

そこで、エアコンの消費電力を抑え節電をしつつ、熱中症も予防する方法を調べてみました。

まずエアコンと扇風機の両方を使う方法です。

エアコンの消費電力を抑えるには、設定温度を上げることになります。

だからといって、あまり設定温度を上げてしまっては、涼しく感じないのでエアコンをつける意味がありません。

そこで、扇風機を一緒に使って、体に風を当てるようにします。

体に風が当たると、体感温度は2℃ほど下がると言われています。

ということは、エアコンを28℃に設定して、扇風機で体に風を当ててやれば、体感温度は26℃ほどになるということです。

エアコンの設定温度を2℃下げた場合の消費電力と、設定温度はそのままで扇風機を併用した場合の消費電力を比べると、扇風機を併用した場合のほうが40Wほど節電できるそうです。

ただ、扇風機の風を体に直接当てたままにしていると、体が冷えすぎることもあるので、首振りを使ったり、壁や天井に反射させた風にあたるなど注意が必要です。

あと外出後、家に帰ってきた時には、まず換気をして熱気を外に逃がしてやってからエアコンをつけたほうが、余分な電力を使わないですみます。

その他、節電のための注意事項を、箇条書きであげてみます。

・ドアの開け閉めは短時間にする。

風量・風向は、自動にしたほうが効率よく冷やせる。風向が自動で変わらない場合は、上向きにしたほうが良い。冷たい空気は、下にたまりやすいため。

・フィルタを2週間に1度は掃除する。

・フィルタの奥の冷却フィンも汚れていれば、シーズン前に清掃する。(エアコン清浄スプレーというものがありますが、こういったスプレーでダメなら、エアコンのクリーニング業者へ相談してください。)

・温度調節を節電のためとエアコンのON・OFFを繰り返すより、温度設定を変更したほうが、消費電力を少なくできる。

・室外機の吸い込み口・吹き出し口の近くに物を置かない。吸気・排気の障害になり、効率が落ちる。雑草などの植物や枯葉も効率を下げる原因になる。

室外機に直射日光を当てないほうが良い。(日陰を作ってやるなど、室外機周辺の気温を下げると、効率が良くなります。ただし吸い込み口・吹き出し口をふさがないように注意。)

といったところが、エアコンの節電法として、調べることができたことです。

まあエアコンだけでなく、グリーンカーテン、窓用断熱フィルムや遮熱カーテンといったもので、少しでも日光によって部屋が暖められないようにするなどの工夫も、節電の効果を高めることになると思います。

ここであげたもの以外にも、いろいろな節電対策があると思いますが、楽しみながら節電していくことが長続きの秘訣といえるかもしれません。

スポンサードリンク