Pocket

アミノ酸の効果(1)アミノ酸はタンパク質の原料というだけでなく、いろいろな効果のサプリメントに使われています。

どのアミノ酸にどんな効果があるのか、少し調べてみました。

筋力アップ

筋力アップには、筋肉組織の原料であるBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)が効果的です。

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させますから、筋肉の修復に効果があります。

BCAAとアルギニンを一緒に摂ると、筋力アップにはさらに効果的です。

 

免疫力アップ

グルタミンは、免疫細胞の発育と増殖を促進させる働きがます。

アルギニンは、体内に侵入した最近などを処理するマクロファージを活性化させます。

 

集中力アップ

チロシンは、ドーパミン、ノルアドレナリンの原料になるので、脳の働きを活性化させます。

アルギニンフェニルアラニンイソロイシングルタミン酸は、チロシンとともに「ブレーンアミノ酸」と呼ばれ、記憶物質の補修をして記憶を長持ちさせる働きや、脳の情報伝達の手助けを行います。

BCAAは、トリプトファンなどの脳内への取り込みを阻害することで、眠気の元のセロトニンの産生を抑制します。

 

リラックス効果

緑茶の成分であるテアニンは、摂取すると脳波にアルファ波が増えます。

テアニンは、煎茶より玉露に多く含まれています。

これは、玉露は光を遮る覆下栽培により、テアニンがカテキンに変わるのが遅れるので、テアニンが多く残るためです。

GABA(γアミノ酪酸)は、セロトニン神経系を活性化させ、脳の興奮性を抑制するので、アルファ波が増えます。

トリプトファンは、セロトニンやメラトニンの前駆物質なので、摂取すると神経を落ち着かせる作用があります。

牛乳にはトリプトファンが含まれているため、欧米では寝付きを良くするために牛乳を飲むそうです。

トリプトファンは、アーモンド、納豆などの豆類、そば、白米などの穀類、卵、肉類などにも、多く含まれています。

ただし、トリプトファンの過剰摂取は、肝硬変などになる可能性がありますので、摂取量は1日6000mg以下にするべきだと言われています。

 

アミノ酸の効果(2)に続く

スポンサードリンク