Pocket

アガパンサスの花言葉アガパンサスとは、南アフリカ原産で、ユリ科アガパンサス属の多年草です。

分類体系によっては、ネギ科、アガパンサス科、ヒガンバナ科となっています。

分類の仕方によって、科名が違ったりすることなんてあるんですね。

アガパンツスということもありますが、これは学名の「Agapanthus」の単なる読みの違いです。

 

園芸品種は300種以上あり、草丈や開花時期もかなりの違いがあったりします。

草丈は、種類によりかなり幅があり、30cmくらいの小型のものから1mを超える大型のものまであります。

開花時期は、種によって早い遅いがあったりしますが、5月下旬から8月上旬の間に開花します。

花の色には、濃い紫、青紫、白があります。

茎の切り口からは、ニンニクのような臭いがします。

このような特徴が、ネギ科とされる理由なのでしょうか。

スポンサードリンク


性質は強く、植えっぱなしであまり手がかかりません。

1年中、葉が茂っている常緑種、冬になると葉が枯れ休眠する落葉種、その中間タイプがあります。

常緑種は、耐寒性はやや弱いですが耐暑性があります。

落葉種は、耐寒性、耐暑性ともに優れています。

 

アガパンサスという名前は、ギリシャ語で愛を意味するアガペー(agape)と花を意味するアントス(anthos)を組み合わせたもので、「愛の花」というような意味になります。

日本には、明治時代の中頃に渡来し、和名でムラサキクンシラン(紫君子蘭)といいます。

葉がクンシラン(君子蘭)に似ていて、花が紫色をしていることから、ムラサキクンシランと名付けられたようです。

ですが、アガパンサスはクンシランとは全く違う種類の植物です。

ちなみに、英名は、アフリカンリリー(African lily)です。

アフリカのユリと、ストレートな名前ですね。

 

さて、アガパンサスの花言葉ですが、愛の花という名前のとおり、愛に関係するものがたくさんありました。

恋の訪れ

愛の訪れ

愛の始まり

恋の季節

恋の便り

愛の便り

誠実な愛

愛しい人

愛の花

知的な装い

知的な振る舞い

気品

実直

優しい気持ち

憂い

スポンサードリンク