Pocket

ぼたん雪ぼたん雪」とは、多数の雪の結晶が綿状に結合して、大きな雪片となった雪のことです。

漢字で書くと「牡丹雪」で、大きな雪片が牡丹の花びらのように降るので、このような名前になったそうです。

また、ぼたぼた降る雪だからともいわれています。

地方によっては、「ぼた雪」とも言います。

スポンサードリンク


雪片の大きさは、普通は1cmほどですが、数cmもある大きなものも日本で観測されています。

落下速度は、直径1cmの雪片だと0.8m/s、直径3~4cmぐらいの雪片だと0.3m/sほどだそうです。

雪片が大きいぶん空気抵抗が大きいので、ゆっくり降るのでしょう。

ぼたん雪の降りやすい気候は、気温が比較的高い0~1℃ぐらいで、湿度の高い時です。

ですから、初冬や春先の低気圧が来た時などに降りやすいです。

このような気候の時に降る雪なので、水分の多い湿った重い雪になります。

そのため、着雪しやすく、場合によっては樹木の枝を折ったり、電線を切ったり、送電線の鉄塔を倒したり、ビニールハウスを潰したりすることもあります。

逆に、「粉雪」は小さな雪片のサラサラした軽い雪で、あまり着雪しません。

それは、粉雪の降りやすい気候が、寒く乾いた時だからです。

このように、降りやすい気候の違いから、粉雪は積もりやすく、ぼたん雪は積もりにくいといわれています。

とはいえ、ぼたん雪もたくさん降れば地面は冷えるでしょうから、積もらないわけではありません。

なので、ぼたん雪だからあまり積もらないだろうと、油断してはいけません。

スポンサードリンク